Navigation

モントルー・ジャズフェスティバル2019 エルトン・ジョンら出演へ

モントルー・ジャズフェスティバルに出演するエルトン・ジョン。2019年3月5日、ニューヨークのマディソン・スクウェアガーデンで行われたコンサートで 2019 Invision

スイスのレマン湖畔で行われる今年のモントルー・ジャズフェスティバル他のサイトへに、エルトン・ジョン、スティング、ジョーン・バエズ、レディオヘッドのトム・ヨークらが出演する。

このコンテンツは 2019/04/12 12:47
Keystone SDA/sb

スティングは6月28日、メイン会場でのオープニングアクトを務める。

エルトン・ジョンは翌29日、フェスティバルのメイン会場から3キロ北にあるソーサ・スタジアム他のサイトへで、モントルーで初の野外パフォーマンスを行う。

フェスの大トリを務めるのはジャズの権威でベテランプロデューサーのクインシー・ジョーンズ。7月13日に地元ローザンヌのオーケストラと出演、自身の80年代のヒット曲サウンドトラックでフェスを締めくくる。

エルトン・ジョン、アニタ・ベイカー、ジョーン・バエズはそれぞれ自身の引退ツアーの一環で同フェスに出演する。

そのほかの出演者は、トム・ジョーンズ、ジャネット・ジャクソン、チック・コリア他のサイトへケミカル・ブラザーズ他のサイトへZZトップ他のサイトへクリスチャン・スコット他のサイトへ、ヤン・ティルセン、ジャネール・モネイ他のサイトへ、ローリン・ヒル、ジョージ・エズラらだ。

健康上の理由で昨年、出演をキャンセルしたラグンボーン・マン他のサイトへ、Lizzo、Kimberose他のサイトへEddy de Pretto他のサイトへSuicideboys他のサイトへジェイムス・ブレイク他のサイトへ、シャソル、Apparat他のサイトへら若手スターも多く出演する。

フェスティバルのディレクター、マシュー・ジャトンさんは「強い個性たちであふれたプログラムだ。音楽の歴史に感銘を与え続けるレジェンドたちを目にすることができるだろう」と話す。

チケットは4月10日に発売。昨年は、24万人が来場し、チケットは9万5千枚を売り上げた。 2019年の予算は2800万フラン(約30億8千万円)。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。