Navigation

スイス・リー 大災害の連続ながら利益を計上

2月27日早朝に大きく揺れたチリ。第2の都市コンセプシオン ( Concepcion ) の被害と混乱は大きい Keystone

2月末に発生したチリの大地震、同時期にヨーロッパ西部を襲った暴風雨「シンシア」は、再保険会社「スイス・リー」に多額の支出を背負わせた。

このコンテンツは 2010/05/06 09:50

5月6日の「スイス・リー ( Swiss Re ) 」の発表によると、同社が被害者に支払った保険料は保険料収入の総計を超えた。

自己資本増額

さらに、現在も原油の流出が続いているメキシコ湾の事故でも税引前で約2億ドル ( 約188億円 ) の支出が発生。この事故に対する保険業界全体の費用総額は15億フランから35億フラン ( 約1300億円から2900億円 ) に上るとスイス・リーは試算している。ただし、正確な数字を出すのは難しいという。

同社の保険料収入は、前年同期比13%減の49億7000万ドル ( 約4700億円 ) に落ち込んだ。保険料にかかる経費の割合、つまり同社が支払った保険金+経費と保険料収入の比率を表す「コンバインド・ラシオ ( Combined Ratio ) 」は109.4%となり、昨年の90.2%を大幅に上回る結果となった。コンバインド・ラシオが100%を超えると、支出が収入を超える引受損失が発生していることになる。

だが一方で、利益も1億5800万ドル ( 約149億円 ) を計上し、前年同期の1億3000万ドル ( 約122億円 ) を上回った。債券の査定を改善し、自己資本は約8億ドル ( 約750億円 ) 増の262億ドル ( 約2兆4400億円 ) となった。

自己査定によると、現在スイス・リーは、格付投資情報センター ( R&I ) が行っている保険金支払能力格付けで優良性を現す「AA」に必要な120億ドル ( 約1兆1200億円 ) 以上の資本を有している。金融危機で発生した不良証券が含まれているポートフォリオ「レガシー ( Legacy ) 」もわずかながら利益を計上した。

swissinfo.ch、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。