Navigation

ミューレベルク原発が緊急停止 安全は確認

ベルン州にあるミューレベルク原発は7日午前、蒸気管に異常が見つかり、原子炉が緊急停止した sda-ats

ベルン州ミューレベルク原子力発電で7日午前、監視システムが発電タービンにつながる蒸気管に異常を検知したため、原子炉が緊急停止した。運営する電力会社BKWによると、人や自然環境に対する危険はない。

このコンテンツは 2018/03/07 16:38

BKWの同日午後の発表によると、緊急停止したのは午前10時34分。「設定された通りに自動停止した」もので、原子炉は安全な状態にあるという。

原因はまだ調査中。BKWは異常の発生をスイス連邦核安全監督局(ENSI)に届け出た。異常を除去し、ENSIの承認を得た後に稼動を再開する。

同原発は1972年に建設された。2012年に測定器の故障で、15年に内部の水循環の調整不具合で、それぞれ緊急停止したことがある。19年に廃炉予定。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。