Navigation

スイスと意外な接点、藤井聡太四段と佐々木勇気五段

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が30連勝をかけた対局、竜王戦決勝トーナメント2回戦で、佐々木勇気五段(22)と対戦することで注目を浴びている。 藤井四段は、3歳のころから、スイス製のキュボロという立体積み木知育玩具で「直感を鍛えた」ことで知られる。また、佐々木五段は、スイス・ジュネーブ生まれ。 実は、2人には、スイスとの意外な接点があった! Iori Sagisawa/Kyodo News
このコンテンツは 2017/07/02 08:00


このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。