スイスの銀行秘密、依然として世界一

クレディ・スイスの金庫。スイスの銀行にはその秘密性を求めて多くの海外資産が集まる Keystone

英国の非政府組織(NGO)「タックス・ジャスティス・ネットワーク(TJN)」は30日、スイスが世界で最も秘密の守られる金融センターであるとの報告書を発表した。

このコンテンツは 2018/01/31 10:42

TJNは税情報の透明化に向け啓発活動を行うNGOで、およそ2年に1度「金融秘密度指数(Financial Secrecy Index)」を公表している。2018年はスイスが前回に続きトップに立ち、米国、英領ケイマン諸島、香港、シンガポール、ルクセンブルグ、ドイツ、台湾、アラブ首長国連邦(UAE)、英領ガーンジー島が続いた。日本は13位。

報告書はスイスが海外資産の運用で世界トップに座し、米欧などの圧力を受けてこの数年で銀行秘密について大きな改善を遂げたとした。

一方、「スイスは対国家というより銀行に対する圧力を受け、銀行秘密の放棄に舵を切った。その姿勢は『裕福で強い国には綺麗なカネを、脆弱な途上国には汚いカネを』と要約できる。スイスは必要に応じて富裕国には納税者の情報を交換するが、貧困国に対しては納税回避の手助けをし続ける」とも記した。スイスが金融告発者を執拗に追及していることも批判した。

スイス銀行家協会によると、スイスの銀行は6兆6500兆フラン(約770兆円)の資産を管理し、その48%は海外から流入したもの。

同指標は、信託や基金の所有者に関する情報をどのくらい公開しているか、マネーロンダリング(資金洗浄)に関するルールをどれだけ遵守しているかなど、様々な尺度で各国の銀行秘密の高さを調べている。今回の調査対象は110カ国。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する