Navigation

シルトホルン スパイ映画の名残、今でも

1968年の映画「女王陛下の007」の舞台となったスイスアルプスのシルトホルン(標高2970m)。40年以上が経った今でも、シルトホルン・ケーブルカーと山頂のレストランはジェームズ・ボンドを前面に押し出している。

このコンテンツは 2012/10/05 11:00

360度回転する山頂レストランの名物は、007のロゴ入りの皿を使用した「ボンド・ブレックファスト・ビュッフェ」。ここでは映画「女王陛下の007」も上映される。だが、シルトホルンを訪れる今どきの観光客は、このスパイ映画との関連に興味があるのだろうか?(Julie Hunt/swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。