Navigation

ワイン作りを守るために

観光業が急成長する一方、ワイン製造業者は生き残りに苦労しているラヴォー地区

このコンテンツは 2011/10/21 14:08

ラヴォー地区(Lavaux)のブドウ畑はこの地方独特の人と自然との交わり方が評価され、2007年、ユネスコ(Unesco)の世界遺産に登録された。世界遺産登録の目的は、忍び寄る都市化からこの地区を守ることだ。世界遺産に登録されて以来、観光客は3割ほど増えたが、ブドウ畑存続への努力は今も続けられている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。