ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ワイン作りを守るために

観光業が急成長する一方、ワイン製造業者は生き残りに苦労しているラヴォー地区

ラヴォー地区(Lavaux)のブドウ畑はこの地方独特の人と自然との交わり方が評価され、2007年、ユネスコ(Unesco)の世界遺産に登録された。世界遺産登録の目的は、忍び寄る都市化からこの地区を守ることだ。世界遺産に登録されて以来、観光客は3割ほど増えたが、ブドウ畑存続への努力は今も続けられている。


リンク

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。