ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの食事情 スイス国民のチーズ年間消費量はなんと18万トン



チーズが大好きなスイス国民。2016年のチーズ消費量は一人当たり22.05キロ。人気のチーズの一つはスイスの伝統料理、ラクレットに使われるラクレットチーズ

チーズが大好きなスイス国民。2016年のチーズ消費量は一人当たり22.05キロ。人気のチーズの一つはスイスの伝統料理、ラクレットに使われるラクレットチーズ

(Keystone)

スイス国民が2016年に食べたチーズの量は、一人当たり22.05キロで総計18万6756トン。スイスの農業団体が今月16日に発表した。

 同年のチーズ消費量は、前年に比べ6千トン増えた(一人当たり2.6%増)。スイスでは年々チーズの消費量が増えているという。

 とりわけ人気のチーズは、グリュイエール、アッペンツェラー、ティルジット、ラクレットチーズ、ヴァシュラン・フリブルジョワ。比較的値段の高い羊やヤギのチーズの人気も高まっているという。

 農業団体によると消費されるチーズの種類に近年変化がみられているという。過去10年間ではフレッシュチーズやクワルクの消費が年間一人当たり1.6キロ増えた(25%増)一方で、セミハードチーズの消費量は490グラムの増加に留まり、ハードチーズの消費量は680グラム減少した。


(独語からの翻訳・説田英香)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×