Navigation

在外スイス人ますます増加 移住先の一番人気はフランス

スイス人に一番人気の移住先、フランス。太陽を求めて移住か? Keystone

在外スイス人の数は増加の一途をたどっている。昨年の在外スイス人は約3割増を記録し、2016年末の在外スイス人の数は77万5千人に達する勢いだ。在外スイス人の多くはヨーロッパ諸国に住み、また2つの国籍を所持している。

このコンテンツは 2017/03/07 08:00
swissinfo.ch
外部リンクへ移動

スイス連邦外務省(EDA)の最新統計調査によると、スイス人の国外移住先トップはフランス(約20万人)で、次にドイツ(約9万人)、米国(約8万人)、イタリア(約5万人)と続いた。

また、カナダ(約4万人)、英国(約3万5千人)、スペイン(約2万5千人)、オーストラリア(約2万5千人)、イスラエル(約1万9500人)、オーストリア(約1万6500人)がトップ10入りした。特に注目されるのはトルコとポルトガルの増加率で、それぞれ8.6%、8.7%の伸びを見せている。

またアラブ首長国連邦、タイ、レバノンおよび北アフリカの国でも大幅に増加が見られた。

外部リンクへ移動


移住者の年齢を見ると、スペインで暮らすスイス人の約10人に3人、タイでは約10人に4人が65歳以上。しかし、イスラエルに住むスイス人移住者の半分は未成年者だ。在外スイス人の4人に3人が複数の国籍を所持し、2016年は在外スイス人が帰国した数よりも、スイス人が国外移住した数を上回ったという結果となった。


外部リンクへ移動

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。