スイスの「崖っぷちホテル」に新しい経営者が名乗り

標高1450メートルにあるゲストハウス「Äscher-Wildkirchli」はスイスで最も有名な宿泊施設の一つだ Keystone

スイス北東部の切り立った崖に立つゲストハウス「Äscher-Wildkirchli」は科学誌ナショナルジオグラフィックで紹介されたことで一躍有名になった。後継ぎが見つからず閉業が決まってから3カ月、地元アッペンツェルのフードサービス事業者が後継者に名乗り出た。

Keystone-SDA/jdp

後継ぎを申し出たのはPfefferbeere(「赤胡椒」の意)。ケータリングなどを手がける新興の地元企業で、2019年春からゲストハウスの食堂を営業再開すると10日に発表した。

現経営者のベルンハルト・クネヒテル・フリッチェさんと妻のニコールさんは8月、今夏をもって親の代から31年続いた営業に幕を降ろし、建物の所有権を売り渡すと発表していた。

≫「Äscher-Wildkirchli」の歴史について詳しくはこちら

≫開業から1週間で休業したホテルも

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する