スイスの視点を10言語で

スイス、「家族に優しい国」欧州最下位 ユニセフ調査

国連児童基金(ユニセフ)が13日発表した調査で、スイスは「欧州・家族に優しい国」ランキングの最下位となった。

欧州31カ国の法規制がどれだけ家族生活に配慮しているかを調べた。家族に優しい国外部リンクのトップはスウェーデンで、ノルウェー、アイスランド、ドイツが続いた。最下位のスイスの前には英国やキプロス、ギリシャが並んだ。

スイスの評価が低かった理由として、母親の法定育児休業が14週間と短いこと、父親の育休が法制化されていないことが挙げられた。自主的に法定より長い育休を母親に与えたり、父親向けに独自の育休制度を作ったりしている企業もあるが、少数派だ。

議会での議論

スイス連邦議会は現在、父親の育休付与の是非を議論している。4週間の法定育休の導入を求めるイニシアチブ(国民発議)が提起されたためだ。議会には2週間の休暇を与える対案が提出されている。上院(全州議会)が閉会中の夏国会で審議する見通し。

連邦内閣は個別の労働協定や各企業で対応すべきとして、イニシアチブにも議会の対案にも反対の姿勢を示した。政府にとっては保育施設の整備や、子供の重病に対応するための看護休暇を制定する方が急務だという。

ユニセフの調査では、スイスで保育園や幼稚園に通う3歳児未満の割合は約30%と、調査対象国の真ん中に位置する。3歳以上の未就学児の66%は保育園に通っており、31カ国中2番目に高い比率だ。

ユニセフの提案

調査は2016年時点の父親・母親の育休制度や3歳未満児及び未就学児の保育施設の整備状況に焦点を当てた。

ユニセフは調査で、全ての国は6カ月以上の育休を設け、高すぎない乳幼児向け保育施設を十分に整備するべきだと指摘した。

おすすめの記事

sda/tm

ニュース

ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決
チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)の本部

おすすめの記事

FIFA、脱スイスに向け定款改正

このコンテンツが公開されたのは、 国際サッカー連盟(FIFA)は17日、本部をスイス・チューリヒ以外に移せるよう定款を改正した。

もっと読む FIFA、脱スイスに向け定款改正
眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部