ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

インフラ更新 スイス、道路網拡充に1.8兆円を投資

渋滞する高速道路

スイス政府は都市部の渋滞を防ぐため、今後10年間道路への投資を増やしたい考えだ

(Keystone)

スイス連邦政府は国内の高速道路網を広げ、都市部の道路を刷新する計画を提案した。予算は160億フラン(約1兆8千億円)を見積もり、当初計画の18億フランを大きく上回る。

 ロイトハルト交通相は、交通量の増加や、先月イタリアで高速道路が崩壊した事件などを受け、道路インフラを刷新する必要があると強調した。

 計画にはルツェルンとローザンヌ、ジュラ山脈の道路のほか、2016年2月の国民投票で可決されたアルプス山脈を貫通する2本目のトンネル道路を含む。148億フランを充てる。

 またジュネーブ、バーゼル、ベルンやヴァレー(ヴァリス)州内の都市など30都市以上の計画する州道に、13億4千万フランを投入する。

 スイスの道路網は、トンネルや橋を含むと全国延べ約1800キロメートルに上る。

 政府は対策を講じなければ、1日当たりの渋滞時間は最大4時間に増え、高速道路の約2割で渋滞が常態化すると予測する。

≫交通渋滞が引き起こす経済損失は一体いくら?

 政府の提案は議会の承認を得なければならない。

高速道路のミクロ社会 ヨーロッパの大動脈、スイスの高速道路A2の知られざる一面

ヨーロッパの北部と南部を行き来する人と物の交通のかなめとなり、多くのスイス人も通勤に利用する高速道路A2。バーゼルとティチーノ州キアッソを結ぶこのA2で、普段数百万人の利用者が気づくことのない高速道路のミクロ社会に、二人のスイス人写真家が出会った。 ...

swissinfo.ch with SDA-ATS; urs

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。