ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

世界ハンセン病の日 スイス研究所、ハンセン病根絶に新組織を設立

ハンセン病患者の女性

インドのハンセン病センターの患者

(EPA/FAROOQ KHAN)

スイス熱帯病研究所(TPH)他のサイトへは26日、ハンセン病関連団体の共同体「ハンセン病ゼロを目指すグローバル・パートナーシップ他のサイトへ」を創設したと発表した。スイス拠点のノバルティス財団他のサイトへ世界救らい団体連合(ILEP)他のサイトへ、患者・回復者団体「IDEA他のサイトへ」のほか国内のハンセン病関連事業や学術研究所が加盟している。

 毎年1月の最終日曜日は「世界ハンセン病の日」。TPHのペーター・シュタインマン氏は記者発表他のサイトへで「TPHはハンセン病の画期的な治療法の実証に積極的に関わっていく。この新パートナーシップは、世界の貧しい人々に資する科学の成果を結集する独特なプラットフォームとなる」とコメントした。

 「ハンセン病ゼロを目指すグローバル・パートナーシップ」は世界保健機関(WHO)が支援し、米「国際保健タスクフォース他のサイトへ」が事務局を務める。①ハンセン病の拡大を防ぐための診断に役立つ研究や治療法②既存の国家事業の強化や、新しい臨床結果の実用化の促進③顧問・資金調達――の3分野で加盟者間の共同事業をとりまとめる。

 TPHによると、効果的な多剤療法が普及しているにも関わらず、新たにハンセン病と診断される患者の数は過去数十年、年20万人を超える。うち数千人は子供がり患している。TPHは資源が不十分なことや、病気への偏見が背景にあると指摘している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。