Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

対談


サイエントロジー 宗教、カルト、それともエリート企業?




サイエントロジーのスイス支部設立40周年を記念して、今年はベルンでキャンペーンが行われた。2014年6月撮影 (Keystone)

サイエントロジーのスイス支部設立40周年を記念して、今年はベルンでキャンペーンが行われた。2014年6月撮影

(Keystone)

米国の新興宗教サイエントロジーがスイスで活動を始めてから既に40年。近頃はすっかり鳴りを潜めた同団体への見方は「絶対主義のエリート企業」と「実用的な宗教哲学」と二分している。スイスのサイエントロジー広報担当と、新興宗教に精通する専門家が交わした今回の対談でも、それが明らかになった。

スイスとドイツでサイエントロジーの広報を務めるユルク・シュテットラーさんにとって、サイエントロジーはれっきとした宗教団体であり決してカルトではない。「カルトという表現は反対派が団体を除外するために使う言葉だ」

一方、プロテスタント教会の情報窓口「レリンフォ(Relinfo)」のゲオルク・オットー・シュミートさんは別の意見だ。「組織の形態からすると、サイエントロジーは上下関係が徹底した企業と同じだ。組織に対する批判はご法度で、エリート意識が非常に強い」

swissinfo.ch: なぜサイエントロジーでは批判が禁止されていると知っているのですか?

ゲオルク・オットー・シュミート: これはサイエントロジーを脱会した元信者から聞いた話だ。組織を批判するなど全く論外だと聞いている。批判する人は何かを隠しているとみなされ、査問を受けた上で批判を止めるまで(治療を)施されるそうだ。

ユルク・シュテットラー: シュミート氏はまるで少数派宗教の反対論者のようだ。彼はそのためにプロテスタント教会に雇われているので仕方がないが、言っていることは事実に反する。

シュミート: 失礼だが私は「プロテスタント教会に雇われている」のではない。プロテスタント教会から支援を受けた、独立した協会の職員だ。この協会の仕事は、宗教問題に関する消費者保護だ。例えば、サイエントロジーを脱会したい信者にアドバイスをするのが我々の役目だ。サイエントロジーは非民主的な考えが強いため、多くの国で批判的に見られている。

シュテットラー: バカバカしい。サイエントロジーは折に触れ教会に人々を招き、評論家も交えて意見交換を行っている。批判の声があれば真摯に受け止める。歓迎こそすれ、禁じるなど論外だ。

swissinfo.ch:  メディアや世間でここまで叩かれている組織はサイエントロジー以外にありません。これはなぜでしょう。

シュテットラー: それは逆に私がメディアに聞きたい。過去30年来、サイエントロジーに関する肯定的な記事は書かないという風潮が特定の報道機関にはある。例えば10月初頭にストラスブールの欧州人権裁判所が、「サイエントロジーはサンクトペテルブルグで正式に教会として認定されるべきだ」との判決を下したが、スイスでこの記事を取り上げたのはカトリック通信社のみだった。

シュミート: サイエントロジーは有名人を使って宣伝活動に多額の費用をつぎ込むので注目を浴びる。身近な人が脱会すれば、周りは話を聞きたがる。また、この世の終わりを待っているエホバの証人とは異なり、サイエントロジーはこの世界を乗っ取ろうとしている。マスコミに注目されるのはそのためだ。

シュテットラー: 我々はより良い世界のために尽力しているだけで、「世界を乗っ取る」とは全くナンセンスな主張だ。

swissinfo.ch: 匿名だと念を押してもサイエントロジーの脱会者はインタビューに応じてくれませんでした。「不安だから」というのがその理由でしたが、これはどう説明したらよいのでしょう。

シュテットラー: ここ数年、脱会に関するトラブルは記憶にない。

シュミート: サイエントロジーを脱会してまだ日が浅い人は、サイエントロジーといざこざが生じるのではないかと心配するようだ。サイエントロジーで親しくなった人もいるので、その友好関係を危険にさらしたくないという背景がある。公でサイエントロジーの批判さえしなければ、脱会後も団体のメンバーと付き合っていける。

また、サイエントロジーの信者であることが公になると、就職活動の妨げになる恐れがある。採用側は、できればそうしたバックグラウンドがない人を優遇する。過激組織のメンバーは精神的に不安定だと、不当に思われる傾向にあるためだ。

swissinfo.ch: 長年の信者がサイエントロジーを脱会する場合、守秘義務に同意する必要がありますか?

シュテットラー: 現役信者の私には当然、守秘義務がある。ただしサイエントロジーでの活動が全て他言無用なのではない。もしそうでなければ私も納得がいかない。しかし内部機密に関しては守秘義務がある。

swissinfo.ch: 典型的なサイエントロジー信者、という人はいますか。

シュテットラー: そういう人は存在しない。サイエントロジーには教師、主婦、ビジネスマンなど、あらゆる層の人々が集まっている。以前、サイエントロジーはハレークリシュナ教団のように若者のカルト宗教と呼ばれていたが、現在の信者の平均年齢は40歳前後だ。

スイスにはトム・クルーズ氏やジョン・トラボルタ氏のような有名人の信者がいないが、論争を避けるためにあえて公の場に現れない著名人は存在する。

シュミート: サイエントロジーの門を叩くのは精神的な悟りを求める人ではなく、悩みや問題を抱えた人々だ。サイエントロジーは全ての問題には答えがあると宣伝している。入会するとまずコミュニケーション・コースに出席し、次に「オーディティング」(一種のカウンセリング)を受ける。その際、今まで誰にも話していないことを打ち明けるので、気持ちが軽くなる人もいるだろう。だが、次に待ち受けているのは、団体の収益に貢献させるためのプレッシャーだ。

サイエントロジー

サイエントロジーはL・ロン・ハバード(1911~86年)が1952年に米国で創始した新宗教。

「戦争も犯罪も狂気もない」より良い世界を実現することが目的。

教義の中核は、人の精神的成長を無意識に妨げている過去のトラウマをサイエントロジーの技術で取り除き、自分本来の姿を取り戻すというもの。

swissinfo.ch: サイエントロジーは精神的に弱い人から利益を得ているのでしょうか?

シュテットラー: これもよくある偏見だ。社会で成功を収め、家族を持ち、人生の意義を追求している信者もたくさんいる。信者はみな精神的に弱い人だと決めつけているようだが、気概のある人でなければサイエントロジーの信者は務まらない。

swissinfo.ch: お金があまりなくてもサイエントロジーのコースに参加することはできますか?

シュテットラー: もちろんだ。コースの参加費とオーディティングが我々の収入源だが、お金がない人は専任の会員になってスタッフとして仕事をすればコースが全て無料になる。金銭的なり、運営に協力するなり、何らかの形での貢献を求められている。

シュミート: 組織には二つのグループが存在する。一つはサイエントロジーのスタッフで、彼らは低賃金で働く代わりにコースを無料で受講できる。毎週統計を取り、収益を増やしていかなければならない。もう一つは有償でコースを受講する信者だ。スタッフはこれらの信者に働きかけ、できるだけ多くのコースを受講するように勧誘する。例えそのために借金をする必要があっても……。

もちろんサイエントロジーに満足している信者もいる。勧誘に惑わされず1年に1コース受講する程度で、もう30年来サイエントロジーの信者という人を知っている。

シュテットラー: チューリヒ支部の現役信者120人のうち、コースの収入を管理しているのはわずか3、4人だ。

swissinfo.ch: サイエントロジーの信者は、サイエントロジーとは関係のない友人や家族とどのように付き合っているのですか?

シュテットラー: 夫婦の片方がサイエントロジーの信者ではないというパターンは多いが、パートナーの猛反対でもない限り特に問題はない。入会はスピリチュアルなことであって、カルチャーセンターの講座に参加するのとはわけが違う。そのため夫婦一緒に入会することは強制できない。

シュミート: サイエントロジーを批判しない限り、部外者とのコンタクトが許される。批判者は「弾圧者」とみなされ、その場合、外部とのやりとりは禁止される。

シュテットラー: それはでたらめだ。ただ批判をするだけで自動的に弾圧者扱いされることはない。

宗教か、セクトか?

米国、イタリア、スウェーデンとは異なり、フランスではサイエントロジーは宗教ではなく、セクトという位置付け。

ドイツではサイエントロジーの活動を連邦憲法擁護庁が監視している。ただし今後は監視が緩和される予定。

「スイス政府は新興宗教団体を認めていない。宗教政策は各州の管轄。大半の州では領邦教会とその他の宗教団体、という分類が行われる。サイエントロジーはいずれの州でも領邦教会として認可されていない」(ゲオルク・オットー・シュミートさん)

「サイエントロジーのスイスでの位置付けについては様々な議論がなされている。複数の当局や裁判所はサイエントロジーを宗教団体として扱っているが、税金免除はいまだに認められていない」(ユルク・シュテットラーさん)

swissinfo.ch: サイエントロジーは人権保護や薬物乱用の防止、学校教育に努めています。これはなぜですか。

シュテットラー: サイエントロジーは常に社会に貢献してきた。我々は単なる瞑想サークルではないからだ。我々の目的は戦争や犯罪、狂気のない世界を築き上げることだ。

swissinfo.ch: これには誰も反論できませんね。

シュミート: 人権保護に努めることはもちろん大切なことだ。しかし外見的には人権保護を謳っていても、実際の行動が伴わなければ単なる偽善に過ぎない。

サイエントロジーの目的は社会を変えることだ。例えば同性愛者の治癒もそれに含まれる。この考えにはずっと固執している。

シュテットラー: 精神医学では1967年まで同性愛が精神病とみなされていた。サイエントロジーの50年代の発言をここでうんぬんしても意味がない。聖書にはもっと「残酷な」内容が記されているではないか。イスラム教や仏教にも同性結婚は存在する。ヒンズー教やカトリックの間には存在しない。 

swissinfo.ch: ここ10年間でサイエントロジーに変化はありましたか?

シュミート: 私はほとんど何も変化していないと思う。サイエントロジーは教条主義が非常に強く、L・ロン・ハバードが50年代から60年代にかけて広めた教義に今でも固執している。古臭い教えから脱却しなくてはやがて廃れていくに違いない。

シュテットラー: それを言うなら、今でも私が所属しているプロテスタント教会こそ時代遅れなのではないか。こちらの基盤は未だに聖書だ。どの宗教にもベースとなる聖典と創始者がある。10年毎に教義を変える宗教など聞いたことがない。

スイスのサイエントロジーは穏健的になったと言える。もう何年も批判者に対する訴訟を起こしていない。(信者の)借金に関してもかなり落ち着いた。80年代から90年代にかけては、信者が返済できないほどの膨大な借金を抱え込むトラブルも確かにあった。

swissinfo.ch: サイエントロジーのメリットは何かありますか?

シュミート: どの団体にも何らかの長所はあるものだ。サイエントロジーで受ける最初のコースは自信をつけるのに効果的かもしれない。過去のトラウマをテーマに取り上げることも良いと思う。アプローチは正しいが、解決策が時代遅れだ。

swissinfo.ch: サイエントロジーが改善すべき点はありますか?

シュテットラー: 透明度を高める必要がある。これは内部においても言えることだ。殻に閉じこもるのではなく、外部に対してもっとオープンに情報を発信していくべきだ。

スイスのサイエントロジー

サイエントロジーがスイスで活動を始めて既に40年。支部は11カ所存在し、サイエントロジーが公表した値によると、職員300人が信者5500人の指導に当たっている。

スイスにはサイエントロジー教会が五つ、ミッションが六つある。常勤スタッフの数はチューリヒ支部で120人以上、バーゼルとローザンヌ支部はそれぞれ70人のスタッフが常勤している。バーゼルでは来年にも大型センターの設立が予定されている。

プロテスタント教会の情報窓口「レリンフォ(Relinfo)」は、サイエントロジーの現役信者は千人未満と推算している。

(出典:サイエントロジー、relinfo.ch)


(独語からの翻訳・シュミット一恵), swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×