ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

消えゆく氷帽 スイス極地研究所がグリーンランドへ 

An icebergs floats in the Nuup Kangerlua Fjord near Nuuk in southwestern Greenland
(swissinfo.ch)

スイス極地研究所(SPI)は北極の探索活動「グリーンランド周航探索(GLACE)」他のサイトへで行う15のプロジェクトを採択した。うち6つはスイスが指揮を執る。7月30日、研究者44人がドイツの港町キールからグリーンランドに向けて出発する。 

探索の目的は、グリーンランドを覆う氷帽の融解、周辺の海洋との相互作用、そして気候変動がこの地域に与える影響に関するデータを集めることだ。旅の行程は約1万3500キロにも及ぶ。 

氷の後退とともに、科学者がカバーしなくてはならない分野は拡大している。このためGLACEでも植生の変化、生物多様性の喪失、大気の変化などを把握するため、ヘリコプターやゾディアックボート(小型ボート)を駆使し、様々な実験室とスタッフを動員して調査を進める。 

これらの研究プロジェクトには、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の大気の専門家、アタナシオス・ネネス氏のプロジェクトも含まれる。 

観測地点として、測定や実験に適した場所が陸上と海岸沿いに7カ所設定されている。研究者らはそれぞれの地点に2〜5日留まり、観測を行う予定。 

GLACEは2019年9月に完了する予定。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。