ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

研究者大国のスイス スイス連邦工科大学チューリヒ校の数学者が「数学のノーベル賞」受賞

アレッシオ・フィガリ氏

アレッシオ・フィガリ教授

(ETH/Gian Marco Castelberg)

スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)の数学者アレッシオ・フィガリ教授(34)が、数学の分野で著しい業績を挙げた研究者に贈られるフィールズ賞を受賞した。

 フィールズ賞は数学のノーベル賞とも呼ばれる。

 同大によると、1日にブラジル・リオデジャネイロで開催された国際数学者会議(ICM)他のサイトへで賞が授与された。

 賞を主催する国際数学連合(IMU)他のサイトへはフィガリ氏が、ある確率速度を別の確率速度へと輸送する最適な方法を調べる「最適輸送理論」とその偏微分方程式、計量幾何学および確率への応用において多大な貢献をしたと述べた。この分野は20年以上、誰も解明できなかった問題だった。

 フィガリ氏は「多くの数学者を長年悩ませてきた事象を誰よりも早く証明でき嬉しく思う。若く才能のある人たちに、数学がいかにクリエイティブで楽しいものかを知ってもらいたい」と喜びを語った。

 今年のフィールズ賞はフィガリ氏のほか、米国、英国、ドイツの3人の数学者が受賞した。

 フィガリ氏はイタリア・ローマ出身。2007年、ピサ高等師範学校(イタリア)・リヨン高等師範学校(フランス)で数学の博士号を取得後、2011年から米テキサス大学オースティン校の教授を務めた。2016年から現職。

 フィールド賞は4年ごとに授与される。スイスではこれまで、ETHのヴェンデリン・ヴェルナー氏(2006年)、ジュネーブ大学のスタニスラス・スミルノフ氏(2010年)らが受賞している。

swissinfo.ch/ug

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。