ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

絶滅危惧 チーターの繁殖続けるバーゼル動物園

チーター
(Keystone)

絶滅が危ぶまれるチーター。スイスでは数頭のチーターが飼育されています。その1つがバーゼル動物園。メスのアリマ、オスのロスが暮らしています。

同園では過去12年で4回の繁殖に成功、13匹の赤ちゃんが生まれました。欧州でこれだけの実績を挙げた動物園は全体の10%にとどまるといいます。

園の広報担当フランツィスカ・ヴィスカルディさんは「チーターの繁殖は、計算上は複雑だが、難しくはない」といいます。オスとメスは普段は別々に暮らしていますが、場所を交代し、お互いのにおいを残させるのだそう。

「メスがオスに興味を示したら、飼育員が2頭をすぐに一緒にさせ、仲良くなるか様子をみるんです」

バーゼル動物園は2013年から、ケニアのチーター保護基金をサポート。アンボセリ保護地区のチーター保護プロジェクトによって、エリア内の個体数は2010年以降増加していると言います。

#internationalcheetahday #wildlife #cheetah #cheetahs #conservation #zoos #biodiversity #climatechange @zoobasel @ccf @biglifeafrica #スイス #チーター #バーゼル #動物園  #観光 #絶滅危惧種 #絶滅 #アフリカ #国立公園 #ケニア #繁殖 #赤ちゃん 

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。