Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

2016年6月5日の国民投票


第2回世論調査結果 「公共サービスに関するイニシアチブ」の支持率低下




世論調査機関GfSベルンの専門家によれば、公共サービスに関するイニシアチブの動向が定まらないのは、経済発展を求める人と公共サービスの向上を求める人との間で票が割れているからだという (swissinfo.ch)

世論調査機関GfSベルンの専門家によれば、公共サービスに関するイニシアチブの動向が定まらないのは、経済発展を求める人と公共サービスの向上を求める人との間で票が割れているからだという

(swissinfo.ch)

スイスで6月5日に行われる国民投票に関し、スイス放送協会(SRG SSR)の委託で世論調査機関GfSベルンが、四つの案件について2回目の世論調査を行った。案件の一つ、公共サービスに関するイニシアチブの先行きは不透明だ。他方で、ベーシック・インカム導入案には7割以上が反対。道路の財源に関するイニシアチブでは、反対派が多数を占める。難民法の改正案は過半数以上の支持を得ている。

 (swissinfo.ch)
(swissinfo.ch)


(独語からの翻訳&編集・説田英香), swissinfo.ch

×