ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

マッターホルン ツェルマットに新ロープウェー開通 待ち時間短縮へ

ケーブル構成が3本の3Sシステムを採用し、速さと安全、静かな乗り心地を実現した

ケーブル構成が3本の3Sシステムを採用し、速さと安全、静かな乗り心地を実現した

(Keystone)

スイス南部・ヴァレー(ヴァリス)州のツェルマットで29日、新しいロープウェー「Matterhorn Glacier Ride」が開業した。

 トロッケナーシュテーク(標高2939メートル)とクラインマッターホルン(3883メートル)間をつなぐ。ケーブル構成が3本のトライケーブルシステム(3S)を採用し、1時間に最大で2千人を運ぶことができる。3Sシステムを使ったロープウェーは世界でまだ15カ所しかなく、うち「Matterhorn Glacier Ride」は最も標高が高い。運行時間は片道9分。

ツェルマットの新しいロープウェー

(SRF, swissinfo.ch)

 28人乗りの走行機は全25機で、車椅子やベビーカーも乗車可能。うち4機は特別機で、運行中は床が透明になり足元の風景が見える。また内装にはスワロフスキーがあしらわれた。運賃は普通機で往復100フラン、特別機は115フラン。

 1時間に最大で600人を運ぶ既存のロープウェーと併用して運用する。これにより年中無休の運行が可能になり、冬のピーク時には最大1時間半に及んでいた待ち時間の短縮が見込まれる。

 総工費は5200万フラン(約60億円)、工期は2年だった。

Keystone/SDA-ATS/cl

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。