Navigation

アルペン国司法相会議終了

独国境の町コンスタンスで開かれていた、スイス、オーストリア、ドイツ、イタリア、フランス、リヒテンシュタインの6ヶ国の司法相会議が終了、極右、密入国、マネー・ロンダリングの対策を共同で行うという合同声明を発表した。

このコンテンツは 2000/09/06 11:15

独国境の町コンスタンスで開かれていた、スイス、オーストリア、ドイツ、イタリア、フランス、リヒテンシュタインの6ヶ国の司法相会議が終了、極右、密入国、マネー・ロンダリングの対策を共同で行うという合同声明を発表した。

合同声明では、インターネット上の極右プロパガンダ対策をほとんど行っていないとして、米国とカナダを強く非難した。スイスとドイツでは、極右による外国人攻撃などの犯罪が頻発し、極右問題は深刻になってきている。

また、英国に密入国しようとしていた中国人52人がコンテナの中で窒息死していた事件の記憶も新しい中、密入国を手引きする組織への対策を強化することを確認した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。