Navigation

ゴットハート・トンネルで火災事故

炎上するトラック。トンネル内300mに炎が走った。 Keystone

24日午前10時頃(現地時間)、アルプス山脈を南北に貫通するゴットハート・トンネルの南側出入口から約1kmの地点でトラック2台が衝突、炎上し、トンネル火災が発生した。トンネルは現在も封鎖されたままで、約20人が死亡したもよう。

このコンテンツは 2001/10/25 05:07

事故発生直後、警察は全長約16kmのトンネルを封鎖したが、トンネル内に充満する煙りと高温に阻まれ救助活動が進まない。24日夜までに10人の遺体が収容されたが、トンネル内の温度が下がり、救助隊が現場までの最後の200mを進めたら、犠牲者はさらに増える見込みだ。トンネルの南側ティチーノ州警察のビエリ報道官によると、死因はほとんどが煙りによる一酸化炭素中毒だ。

事故が発生したのは24日午前10時になる少し前、ゴットハート・トンネル南側入口約1kmの地点でトラック2台が衝突、近くを走行中の多数の車が巻き込まれたと見られる。衝突したトラックは炎上、警察は直ちにトンネルを封鎖したが、正午過ぎまでに火はトンネル内300mに燃え広がり、トンネルの天井が焼け落ちた部分もあると伝えられる。また、トンネル入口付近のアイローロ村の住民は、トンネルから排出される煙が有毒物質を含んでいる可能性があるため、窓を閉め家の外に出ないようにとの指事とされた。炎上したトラックのうち1台はタイヤを運んでいた。

ゴットハート・トンネルはアルプスを南北に貫く世界で2番目に長いトンネルで、欧州を南北に結ぶ主要幹線ルートだ。1991年の仏と伊を結ぶモンブラン・トンネル火災以来、ゴットハート・トンネルの交通量は激増、現在は平均1日約18、000台だ。モンブラン・トンネル火災事故以後、スイスはトンネルの安全性の改善に力を入れてきた。幅7.8mで二車線(片道1車線)のゴットハート・トンネルには、250m毎に約70人収容可能な緊急避難帯が設置されており、トンネルと並行する避難路があるが消防や救急車輌の通行は狭すぎて不可能だ。また、15分以内にトンネル内の空気を入れ替える換気システムもある。これらの設備のおかげで、今回の事故による被害は抑えられたはずだと当局はいう。ゴットハート・トンネルでは、毎年平均5回火災が発生するが、陸送関係者の間では安全なルートと評価されている。

一方、マウロ・チノティ・アイローロ村長は、ゴットハート・トンネルは長期にわたって封鎖されると見ており、冬の間の村の孤立を懸念している。ビエリ・ティチーノ州警察報道官は、トンネル封鎖は「少なくとも数週間」におよぶとし、封鎖中は山間道路を使用できるとしている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。