Navigation

ジュネーブ天文台、太陽系外惑星11個発見

ジュネーブ天文台と欧州南天天文台(ESO )は4日、太陽系外に11の新惑星を発見したと発表した。これで人類が確認した惑星系は6個になった。また存在を確認された太陽系外の惑星数は63個になった。

このコンテンツは 2001/04/05 11:57

惑星は自ら発光しないので、軌道の中心となる恒星に及ぼす引力が、発見の手がかりとなる。惑星が恒星に及ぼす微細な引力の測定から、天文学者は惑星の数、質量、公転の周期、惑星間の距離を割り出す。今回発見された惑星の質量は、最大のもので木星の10倍以上ある。また、個々の惑星に衛星があるが、うち2つの惑星は2つの衛星を共有している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。