Navigation

ジュリアス・ベア 野村が持つ日本の富裕層顧客向けに投資一任運用サービス展開

​​​​​​​

チューリヒを本社とするジュリアス・ベア © KEYSTONE / CHRISTIAN BEUTLER

スイスの大手プライベートバンク、ジュリアス・ベアグループ(JBG)は27日、野村ホールディングスと「戦略的パートナーシップを結んだ」と発表した。

このコンテンツは 2018/09/27 10:00
swissinfo.ch/au

JBGの声明他のサイトへによると、野村ホールディングスが、JBGの子会社ジュリアス・ベアウェルスマネジメントに4割出資する。この取引により、ジュリアス・ベアは野村ホールディングスが持つ日本の富裕層顧客向けにスイスの資産運用サービスを提供する。

>スイスを世界の中心として富裕層の資産を管理・運用するウエルスマネジメント

JBGのバーナード・ホドラー最高経営責任者(CEO)はで、「日本を代表する証券会社と戦略的パートナーシップを結ぶことは、日本向けのビジネス戦略を推進するうえで画期的な出来事だ」と述べた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。