Navigation

スイスの若手起業家、メイドイン・スイスをネットで販売

こだわりのスイスブランドをネット販売する新事業を立ち上げた若手起業家たち swissinfo.ch

こだわりのスイスブランド、世界のどこにでも届けます——。

このコンテンツは 2005/03/29 09:12

スイス人起業家らがこだわりのスイス製品をネットで販売する新事業「スイスメイド」を立ち上げた。ジャガイモなど野菜の皮をむくのに便利なピーラー「Rex(レックス)」やチョコレートが人気という。

スイスメイド

スイスメイドの品揃えはかなり本格的だ。

ホームページには、高級ブランドチョコレート「Cailler(カイエ)」、葉巻「Villiger(ビリガー)」、多種の香料がつまったお菓子「Leckerli(レケルリ)」、アルミボトルの水筒「Sigg(シグ)」がある。

そして定番のアーミーグッズが並ぶ。

「別段、愛国主義者というわけではないんだよ」と仕掛け人の一人、ダニエル・シュルテスさんは笑う。「スイスでしか手に入らないものをビジネスにしたいという構想をずっと前から持っていたんだ」。

インターネットは世界のどこにでも販売できるのが強み。シュルテスさん自身も1996年からロシア製時計を専門とするネット販売事業を始め、ノウハウもある。昨年、友人のロレンツ・マイヤーさん、ニコ・シェーファーさんと3人で会社を設立した。

広がる夢

だが、事業が軌道に乗るのはそう簡単ではない。

スイスメイドの商品数を増やすため、スイスの伝統的な時計メーカーなどに飛び込み営業を続けている。しかし、こうした老舗企業の重役たちはベンチャー企業からの提携話には乗ってこない状況だという。

スイスメイドの発起人3人は現在、昼間は別の仕事をしながら、掛け持ちでネット販売を展開しているが、まだ利益を生み出すところまでには至っていない。

「目標はひとまず利益を出すこと」とシェーファーさんは話す。「大きな実績が出せるまで攻めつづけるさ」。そう言って大きなスマイルを見せた。


swissinfo フィリップ・クロプ 安達聡子(あだちさとこ)意訳

補足情報

スイスメイドの商品例:


Θ皮むきピーラー・レックス
Θチョコレート・カイエ
Θビリガー葉巻
Θアルミボトル・シグ
Θアーミーナイフ

End of insertion

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。