ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス人は米国人よりも投資好き

18才から74才のスイス人の3分の1は株式市場に投資をしていることが、チューリッヒ大学の調査で明らかになった。

18才から74才のスイス人の3分の1は株式市場に投資をしていることが、チューリッヒ大学の調査で明らかになった。

チューリッヒ大学のスイス金融研究所によると、国民の1、660、000人が株に投資していることが分かった。個人投資家の数は過去3年で2倍に増え、一部の富裕層の間だけのブームではなくなっている。個人投資家が増えた背景には、1990年代半ば以降の株高値傾向と銀行の低金利が上げられる。

調査によると、典型的な個人投資家のタイプは、男性、46才、月収9、000スイスフラン、資産10万から100万スイスフランだ。また、独語圏では32%の人が投資していると回答したのに対し、仏語圏では23%だった。

それでも、スイスで資産運用の手段として最も人気が高いのは、低金利にも関わらず相変わらず定期預金だ。97%の人が、定期預金と答えたのに対し、株式投資を上げた人は94%だった。また、48%は個人年金プラン、42%は生命保険、37%は投資基金を上げ、次いで不動産投資が上げられた。

ところで、世界1の投資好き国民は、どこか?オーストラリアだ。2位はスウェーデンで、3位がスイス。意外や米国はトップ3に入っていない。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×