主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

保険

スイスの保険会社は、加入が義務付けられている基礎医療保険から車両保険や個人賠償責任保険まで、様々な種類の保険を提供している。

健康と急病

急病の場合、救急車を呼ぶには144番。警察の緊急通報番号は117番、消防は118番だ。 スイスに3カ月以上居住する者はすべて、法律で定められた内容の基礎医療保険に加入しなければならない。複数の保険会社の契約の見積もりを調べるには、民営の価格比較サイトcomparis.chが役立つ。

社会保障制度

スイスの社会保障制度は3本の「柱」からなる。

住まい

スイスでは、ほとんどの人がアパートなどの集合住宅に住んでいる。スイスで自分にぴったりのアパートを見つけるコツを紹介する。 世界銀行の2015年調査によると、スイス国内では1平方キロメートル当たりの住人は210人。大半が賃貸アパートに住んでいる。 ...

ゴミとリサイクル

スイスはリサイクル率が高い国。各自が責任をもってゴミを捨てなければならない。居住する地域によって、自治体の専用ゴミ袋・ゴミ箱か、一般のゴミ袋に貼るシールのいずれかを購入するという形でゴミの回収料が徴収され、家庭での分別が促されている。 ...

生活費

スイスは生活費が世界で最も高い国の一つ。2015年のランキングではチューリヒとジュネーブが世界の1、2位を占めた。

運転

スイスの公共交通機関は非常に優れているが、道路網も欧州随一の安全性を誇る。 国内の道路を走る車は約500万台以上。カーシェアリングも人気だ。モビリティ(英語)のカーシェアリングシステムはスイスで最も成功している。 ...

電車・バス

スイスでは、電車やバス、路面電車が全土を広くカバー。車がなくても、スイスの隅々を回ることが出来る。 一般道路もよく整備され、安全性は欧州トップクラス。スイスで車を運転する際の注意点はこちらへ。 鉄道 ...

インテグレーション

インテグレーション(統合)は、外国人がスイス社会に居場所を見つけるための支援策を議論する中で、たびたび出てくる言葉だ。 ...

地域社会への参加

スイスでは、外国人のインテグレーション(統合)と公用語の会話能力が非常に重視されている。スイスのインテグレーション政策の公式目標は、スイス人と在住外国人が互いに尊重し合い、寛容に接する状態だ。

外国人の投票権

連邦レベルの投票権を持つのは18歳以上のスイス国民だけ。だが一部の自治体では、地方レベルの投票に関し、外国人に投票権を認めているところもある。 ...

結婚

スイスでは、婚姻手続きは戸籍役場を通じて行なう。双方とも18歳以上であることが条件であり、両者ともに婚姻を解消する権利を有する。多くのスイス人は民事婚と宗教婚の両方の式を挙げる。

出生・死亡

多くの国々と同様、スイス国内で発生した出生と死亡は、国籍にかかわらず当局に届け出なければならない。 出生届の手続きは大概容易かつ自動で行われる。死亡届は地域の役所などに届け出なければならない。死亡者が外国人の場合、本国の大使館もしくは総領事館へ死亡届を提出する。 出生届 ...

定年退職

低税率、美しい自然、優れた医療機関ー。そんな退職後の暮らしを求めてスイスに来る人は多い。移住に必要な情報を紹介する。