ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス当局、モンテシノス関連口座凍結

モンテシノス前情報局顧問(中央)

(Keystone)

スイス当局は29日、ブラディミロ・モンテシノス前ペルー情報局顧問に関連すると思われるチューリッヒ銀行の複数の口座を凍結した。口座の預金は合計約1、000万ドル。

連邦司法警察省の発表によると、口座の名義はモンテシノス前顧問の身近な人物で、この人物はペルー当局から1億2、000万ドルを違法に国外に持ち出したとして告発されている。フォルコ・ガッリ司法警察省報道官は、ペルー当局には口座凍結を連絡したが、ペルーからの司法協力要請に対応するため口座に関する詳細を確認しなければならないと述べた。

スイスは昨年10月モンテシノス氏が失踪して以来、本人および協力者が保有すると思われる資金7000万ドルを押収した。レモ=ギシン・クラーハイト連邦議会議員(社会民主党・バーゼル)は29日、押収した資金をペルー当局に返還するようスイス政府に求め、政府の対応の遅れを批判した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×