Navigation

スイス検察、テロ資金捜査に懐疑的

米国はビンラディン氏関連の資金洗浄捜査に国際協力を要請しているが、ベルナルド・ベルトッサ・ジュネーブ州首席検事は、テロリスト資産の追跡はほとんど不可能だとの見解を示した。そして、金融面での諸悪の根源は米国の銀行法にあると批判した。

このコンテンツは 2001/09/28 10:05

swissinfoのインタビューに対しベルトッサ検事は、当局は米同時多発テロの黒幕とされるオサマ・ビンラディン氏の資産の追跡に大変な苦労をすることになるだろうと次のように語った。「資金の送金経緯を追うのは、ほとんど不可能だ。テロ組織の財源となる機関があることは明白だが、ビンラディン名義の口座は存在しない。テロリストらは複数の国から資金援助を受けているに違いないが、資金源がどこなのか証明するチャンスはほとんどない。米政府は他国に圧力をかける前に、自国の銀行法を見直すべきだ。米国では身分証明なしで銀行口座を開設することができる。フランスでも、オフショア企業は本当のオーナーの名前を明らかにせずに口座を開設することができる。スイスではあり得ない違法行為だ。」。

ベルトッサ検事は、汚職の規模と絡んだ金額の大きさが単なる金融犯罪の域を超えており、当局の捜査と起訴を不可能なものとしているという。「贈収賄の利益があまりにも莫大で、その巨額すぎる故に違法送金が司法の注意を引かない。」とベルトッサ検事はいう。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。