Navigation

スイス社会は極右に寛容

スイス人は極右に対しだんだん寛容になっているということが、NGOの調査の結果わかった。

このコンテンツは 2001/06/19 12:11

NGO「恐れる人々のための社会スイス・セクション」が18日にベルンで公開したリポートによると、スイス人は極右思想に対しより寛容になっており、反人種主義法や報道の倫理侵害に該当するような意見も公に表現されている。右派勢力の出版物を系統的に分析して来た同グループによると、90年代初めには難民や外国人労働者の権利に関する議論は極右の影響を強く受けていたが、90年代中ごろまでに極右は右派政治勢力の主流派に吸収され、極右の信頼が増した。調査結果を受け、同NGOは反人種主義法の見直しが必要だと主張する。

連邦政府は15日、極右の勢力拡大に対し警戒を要すると認め、昨年はそれまでの3倍に増加した極右犯罪に対処するための臨時予算400万スイスフランを発表した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。