ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス軍 自宅保管の軍用銃102丁が紛失

Swiss gun in a pantry

個人宅の戸棚に保管されている軍用アサルトライフル

(Keystone)

スイス軍の兵士が自宅保管している銃器で昨年、102丁が行方不明になっていることが分かった。81丁は自動小銃で、残りは拳銃だった。

大衆紙ブリックの報道では、69丁が盗難被害に遭い、1丁は家屋の火災で破損した。32丁は見つからなかった。スイス軍の広報官ダニエル・リスト氏が、スイスの通信社Keystone-SDAに事実関係を認めた。

一方、これまで行方が分からなくなっていた26丁が見つかったという。その大半は警察が職務中に発見、軍に返還した。残りは一般市民により軍に渡された。

2018年には、107丁の紛失届が出された。2017年、軍は武器の紛失防止を呼び掛けるキャンペーンを行った。それ以来、紛失した武器が見つかったという報告は増えたが、紛失したというケースも後を絶たない。

スイスドイツ語圏の大衆紙ブリックによると、武器を紛失した場合の罰則は、懲戒処分から懲役3年の実刑判決に至ることもある。

伝統

すべての健康なスイス人男性に、兵役義務が課される。兵役訓練中は、自宅で軍用ライフルまたはその他の武器を保管する。これは、スイス軍の伝統で、危機の際にすぐ招集できるようにとの措置だ。

軍用ライフルは安全な場所に保管し、盗難はすぐに報告しなければならない。しかし、紛失届が出されるのは、軍事訓練中か、退役して銃の居所が分からなくなったときが多い。

国民皆兵のスイスは、銃所有率が世界でも極めて高い。国防省は、人口860万人のうち、200万丁以上が個人所有だとみている。

銃規制法 銃好きのスイス、規制の歴史

スイスの銃規制法と銃の所持率の高さは、この国が銃を所持する権利や国民軍の必要性を深く信じていることと関係している。何世紀も前には、一部の州で、男性は銃を持っていないと結婚が出来ないと定めた法律もあったほどだ。しかし、最近の国民投票や欧州連合(EU)との合意によって、誰がどんな銃を所持していいの...

Keystone-SDA/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。