Navigation

スイス、ボスニア=ヘルツェゴビナ援助から撤退

1996年から続けてきた欧州安全保障協力機構(OSCE )のボスニア・ヘルツェゴビナ援助ミッションから、スイスは撤退を始めた。

このコンテンツは 2000/07/31 10:29

1996年から続けてきた欧州安全保障協力機構(OSCE )のボスニア・ヘルツェゴビナ援助ミッションから、スイスは撤退を始めた。

4年間、イエロー・ベレーとして知られる非武装部隊の男女45人の隊員が、医療、郵便、交通、車両メインテナンスの分野で援助活動を続けてきたが、31日モスターとツズラの基地が閉鎖される。バンジャルカと、サラエボの本部は11月に閉鎖の予定だ。サラエボの本部は、11月のボスニア=ヘルツェゴビナ総選挙を支援することになっている。

ミッション開始の1996年当時、現地には交通、郵便等のインフラ整備が全くなかった。スイス部隊の貢献は、明白だ。

スイス部隊撤退後は、ボスニアの民間企業が受け持つ。が、撤退後もスイスは、ボスニアの復興プロセスに協力を続けて行くことになっており、すでにスカンジナビア諸国とボスニア軍の訓練に協力するプログラムについて会談した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。