Navigation

スイス、ミャンマーとアフガニスタンに制裁

スイス連邦政府は、アフガニスタンのタリバン政権とミャンマーの軍事政権に対し、制裁を科すと発表した。

このコンテンツは 2000/10/03 06:14

スイス連邦政府は、アフガニスタンのタリバン政権とミャンマーの軍事政権に対し、制裁を科すと発表した。

2日連邦外務省は、EU、国連の政策と一致して、アフガニスタンのタリバン政権、ミャンマーの軍事政権に対し、金融制裁、兵器輸出の禁止などの制裁を科すと発表した。

国連は、タリバン政権が1998年のケニアとタンザニアの米大使館爆破事件の首謀者とされるオサマ・ビン・ラディン氏引き渡しを拒否したことから、1年前からアフガニスタン制裁を続けている。

スイス政府は、ミャンマーの軍事政権に対しても人権侵害に抗議し、制裁に踏み切る事を決定、連邦外務省はミャンマーの開発援助計画も凍結した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。