スイスの職場

スイスの給与は本当に「高い」のか

スイスでもしあなたが男性銀行員、外交官、もしくは外国人最高経営責任者として活躍しているのであれば、何千万という年収で快適に暮らしているかもしれない。しかしそれ以外の人々の給料は、一般的に持たれているスイスは高給取りという一般のイメージとは少し違っているようだ。 

Paula Troxler(イラスト)


月の平均給与が6502フラン(約71万円)ともなれば、スイスが仕事をするのに最も魅力的な国の一つだと考えるのも無理はない。多くの職業の平均給与は、確かに他の国よりも高い。例えばスイスの幼稚園教諭は、米国の約2400フランに対し、月に4977フランを受け取る。 

ショップ店員は月平均で4483フラン、4年以上の経験を持つ熟練レンガ職人は5553フラン稼ぐ。おそらく他の国だったら、これらの仕事は最低給与をわずかに上回る金額しか受け取れないだろう。 

しかし、日本の国民年金にあたる老齢・遺族年金や失業保険など義務となっている各種料金、収入の2割を占める家賃や公共料金を差し引くと、手元にそれほど多くのお金が残らないことがわかる。他の多くの国とは異なり、スイスでは所得税と健康保険料は給料から天引きされないことも覚えておかなければならない。 

これに加えて、収入の約8%を占める交通費、世界でも最高級グレードの子供の養育費、消費者を悩ます「高物価の島」スイスの食費、ドリンク代、レジャー費がかかる。給与はさらに妥当だと思えてくる。 国の統計によると、月収5000フラン未満の世帯は貯蓄に回すお金を全く捻出できていない。

低賃金労働者にとって特につらいのは、賃金は上がらないのに生活費だけは上昇し続けることだ。約32万人の被雇用者―つまり労働者の約12%― は低賃金労働者だ。 

「健康保険料と家賃は上昇しているが、賃金は緩やかにしか上昇しない。 そのためスイスの下位層の中産階級の生活はますます厳しくなる」。ベルン大学のロバート・フルーダー教授はそう説明する。 

低賃金労働者は女性や外国人労働者に多い。 最新の統計によると、低賃金労働の半数は外国人労働者が行っている。そして従業員が50人未満の企業が、このような雇用機会の約半数を提供しているという。 

スイスのような裕福な国では、低所得の人々はしばしば必要以上の支出を余儀なくされる。そのため、収支を合わせることはことさら難しくなる。 低中所得層の人々でさえ、いつでもお金に困ってしまうリスクを抱えているのだ。 

「低所得層の人々はスイスで大きなプレッシャーを感じている」(アンドレア・シュミット・フィッシャー氏/消費者団体バジェットアドバイススイス会長) 

共有する