Navigation

フォルッカー委員会最後の会議

フォルッカー委員会は、3年間のスイスの銀行が保有するホロコースト時代の口座の調査を終え、水曜チューリッヒで最後の会議を開いた。

このコンテンツは 2000/02/25 15:05

フォルッカー委員会は、3年間のスイスの銀行が保有するホロコースト時代の口座の調査を終え、水曜チューリッヒで最後の会議を開いた。

会議は、ナチの犠牲者およびその相続者に属する50、000以上の口座を確認した、12月に出された委員会の最終報告書を見直した。監査人が、いくつかの重複を発見したため、口座数は45、000から50、000との見積もりに訂正された。

委員会は、連邦銀行委員会に、ナチ犠牲者からの口座に対する要求の処理を容易にするため、報告書を正当と認めるよう、要請した。連邦銀行委員会は、来月までは、決定を下さないとしているが、フォルッカー委員長は、ここまで来れば、処理の迅速さは、関係ないとしている。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?