Navigation

ホロコースト会議始まる

ルス・ドレイフュス内務相率いるスイス代表は、26日から3日間スウェーデンで開かれるホロコースト会議に出席している。スイスの会議における主張は、排他主義、民族主義による再起を防ぐための、未来に焦点を合わせたホロコースト研究の必要性だ。

このコンテンツは 2000/01/27 17:25

ルス・ドレイフュス内務相率いるスイス代表は、26日から3日間スウェーデンで開かれるホロコースト会議に出席している。スイスの会議における主張は、排他主義、民族主義による再起を防ぐための、未来に焦点を合わせたホロコースト研究の必要性だ。

45カ国の代表はストックホルム国際フォーラムで、いかにしてホロコーストを風化さっせないか、民俗殲滅を計る大量虐殺を防ぐにはどのような研究や教育が必要かを議論する。

「会議を開催する事自体、ホロコーストを風化させないことにある程度は有効だ。が、学校教育の場で文化、宗教、言語の違う人々を受け入れるように教えていかなければならない。ホロコーストとは、人々が差別された時何が起こるかというコンテクストで、教えなければならない。」と、スイス代表のセシル・ビュールマン氏は言う。

また、スイス代表は第二次大戦下のスイスの役割の概要を述べる。スイスの銀行はナチ時代からの睡眠口座の2年監査を設立、1998年に国際ユダヤ機構の全要求を総額1.25兆スイスフランで解決した。

スイス代表メンバーは、第二次大戦中の機動部隊長官ルーカス・ベグリンガー氏、連邦ユダヤ協会代表ロルフ・ブローホ氏、州教育委員会代表ペーター・シュミド氏等。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。