ダニ媒介脳炎の危険 スイスほぼ全域に広がる

ドイツの森にあるマダニ注意の標識 Keystone

連邦内務省保険局はスイスのほぼ全域にあたる24州を、マダニが媒介する感染症の「危険」地域に指定した。政府は国民に予防接種を受けるよう呼びかけている。

このコンテンツは 2019/02/06 10:30
SDA-ATS/dos

連邦内務省保険局は先月、マダニの増加にともない、スイス国民全員を対象にマダニが媒介する病気の一つ「ダニ媒介性脳炎」の予防接種を呼びかけた。それに続き保険局は3日、ティチーノとジュネーブの2州を除くスイスの全地域でマダニの危険性が高まっていると発表した。

保険局は発表で、特に森や草むらなどに散歩に出かける人はマダニに噛まれる可能性が高いとしてワクチンの接種を繰り返し喚起。またジュネーブ州やティチーノ州の住民であっても、旅行などで州から離れるときは予防接種を受けるべきだとした。

また、マダニの活動のピークは4~10月であることから、冬に予防接種を受けることを奨励している。

>>スイスの旅行はマダニに要注意

スイスのダニ媒介性脳炎の報告例は、2017年には100件だったのに対し、昨年は380件だった。ダニ媒介脳炎はウイルス性の病気で、感染すると死に至ることもある。

もう一つのマダニによる主な感染症はライム病(ライムボレリア症)で、感染後、直ちに抗生物質で治療を受けた人の大半は予後が良いが、治療が遅れると細菌は中枢神経系、筋肉、関節、目、そして心臓に移動し合併症を引き起こす恐れがある。この病気の予防接種はできない。

保険局は対策として、茂みや背の高い草むらを避け、腕、脚、足を覆う服を着るよう勧めている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する