Navigation

ミロシェビッチ前ユーゴ大統領初公判

7月3日、 旧ユーゴ国際戦犯法廷に出廷したミロシェビッチ前ユーゴ大統領。 Keystone

旧ユーゴ国際戦犯法廷(ハーグ)で3日、コソボでの大量殺戮など人道に対する犯罪を問われるスロボダン・ミロシェビッチ前ユーゴ大統領の初公判が行われた。国家元首が国際戦争犯罪法廷で裁かれるのは初めてだが、前大統領は法廷の合法性を否定し起訴内容については答弁を拒否、初公判は約10分で終った。

このコンテンツは 2001/07/04 11:07

午前10時過ぎに始まった初公判で、ミロシェビッチ前大統領は「この法廷は違法だ。国連総会の委任を受けていない。」と発言し、人道に対する犯罪に関しては答えを拒否した。さらに前大統領は「この法廷は、NATOがユーゴスラビアで行った戦争犯罪を正当化するためのものだ。」と述べ、法廷の正当性を認めないのだから弁護人の必要はないと、弁護人を拒否した。メイ裁判長(英国)は、事実上ミロシェビッチ前大統領が無罪を主張したと解釈した。

ミロシェビッチ前大統領は4月1日からベオグラードで収監されていたが、先週ようやくユーゴ政府は旧ユーゴ国際戦犯法廷へ前大統領の身柄を引き渡した。ユーゴ政府の決断の背景には、欧米がユーゴスラビア再建援助資金10億ドルに前大統領の身柄引き渡しを条件としていたやむにやまれぬ事情があった。ハーグでのミロシェビッチ前大統領は、自殺の恐れがあるとして24時間監視下にある。

初公判でメイ裁判長が読み上げなかった32ページの起訴状によると、1999年1月から6月20日まで、スロボダン・ミロシェビッチ、ミラン・ミルチノビッチ、ニコラ・サイノビッチ、ドラゴリュブ・オジャニク、ヴラジコ・ストイコビッチは、コソボ自治州のアルバニア系住民に対する暴力行為を計画、命令、実行または援助、煽動した。そして、99年3月のヴェリカコルサ村、マリコルサ村での虐殺を含むユーゴスラビアおよびセルビア軍による大量殺戮の実例を上げている。およそ105人のアルバニア系男性住民(子供を含む)が、射殺または村に火を付けられた際に焼死したという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。