Navigation

メルツ大臣 昏睡から目覚める

来年は連邦大統領を務める予定のメルツ財務相 Keystone

ハンス・ルドルフ・メルツ財務相 ( FDP/PRD ) は、9月21日の心臓バイパス手術の前から人工的な昏睡 (こんすい) 状態に置かれていたが、23日にようやく覚醒した。

このコンテンツは 2008/09/25 09:15

術後の回復状態はこれから徐々に明らかになるが、ある程度の楽観は許されると考えられている。

面会可能

間もなく66歳になるメルツ財務相は20日夜、自宅のあるアッペンツェル・アウサーローデンのヘリサウ ( Herisau ) 市で心臓麻痺を起こし、翌日夜、心臓に5本のバイパスを作る手術を受けた。

執刀医のティリー・カレル医師は24日記者会見を開き、入院先であるインゼル病院 ( ベルン市 ) の担当チームはメルツ財務相の健康状態に非常に満足していると話した。メルツ財務相は23日夜、人工的な昏睡状態からようやく覚醒し、面会も可能な状態にあるという。

心臓機能は現在も良好で、メルツ財務相は近々集中治療室を出ることができると予測されている。しかし、入院期間を断定するにはまだ時期尚早ということだ。

会見に臨んだ医師団は、酸素不足による脳への影響についてのコメントを控えた。また、気になる職務への復帰について執刀医のカレル氏は、本人と家族の話し合いで決めることであり、医師が口を出すことではないと語った。メルツ財務相の不在中はエヴェリン・ヴィトマー・シュルンプフ司法相が代理を務めている。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。