ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ロイエンベルガー大統領、アラファト議長と会談

ロイエンベルガー大統領とアラファト議長

(Keystone)

ロイエンベルガー大統領とダイス外相は28日世界経済フォーラムが開かれているダボスでアラファト・パレスチナ自治政府議長と会談、スイス政府はイスラエルとの和平合意への協力を惜しまないことを強調した。

会談後行われた記者会見でジョセフ・ダイス外相は、大統領と外相は中東和平の前進に協力を惜しまないとアラファト議長に進言したと語った。エジプト・タバで開かれていたパレスチナとイスラエルの和平集中協議では合意への前進はあったが、イスラエル側は2月6日の首相公選前にバラク現政権が和平合意を締結することはないと発表した。

アラファト議長は、パレスチナ人に対するイスラエルの残酷で野蛮な戦争責任を非難する強硬発言の一方で、和平を推進する意思は明確に示している。ロイエンベルガー大統領、ダイス外相との会談後、アナン国連事務総長とともに会見したアラファト議長は「我々は和平プロセスをつぶしたくない。どんな困難に直面しても和平協議を続ける。」と述べた。また、2月6日の首相選挙前にバラク・イスラエル首相と会談することを調整中だと語った。

アラファト議長はペレス元イスラエル首相ともダボスで会談したが、2人は過去数週間にわたって何回か会合を重ねているという。2人はダボス会議の「平和創造から平和建設へ」と題された和平交渉を推進する方法についての討論に参加した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×