Navigation

ヴィリガー蔵相、中央アジア歴訪

カスパル・ヴィリガー蔵相(写真)を団長とするスイス金融使節団は、今週�沛T間アゼルバイジャン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスタンを訪問する。

このコンテンツは 2000/10/30 06:31

カスパル・ヴィリガー蔵相(写真)を団長とするスイス金融使節団は、今週�沛T間アゼルバイジャン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスタンを訪問する。

スイス政府代表、スイス国立銀行役員らで構成される使節団の訪問の目的は、スイスが世界銀行とIMFで利益代表を務める中央アジア5ヶ国との関係強化と、金融および技術協力の促進だ。出発に先立ちヴィリガー蔵相は「スイスから中央アジアへの輸出産業と投資家にとって最適な状態を持続できれば、経済的な結びつきは必然的に強化される。」とコメントしている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。