Navigation

全州議会、EU加盟交渉即時開始発議を否決

全州議会(上院)は、大激論の末、投票の結果、国民議会に続きEU加盟交渉即時開始発議案を否決した。

このコンテンツは 2000/06/16 14:53

全州議会(上院)は、大激論の末、投票の結果、国民議会に続きEU加盟交渉即時開始発議案を否決した。

これでEU加盟交渉即時開始発議案は、両議会で否決されたが、EU加盟を問う国民投票は2003年までに実施される。また全州議会は、国民議会が承認したEU加盟交渉の時期を内閣に一任するという提案も否決した。

EU加盟交渉即時開始発議は、33対9で否決され、政府一任案は29対16で否決された。

19日国民議会は、政府一任案を再審議する。内閣は、EU加盟賛成の立場を以前から表明している。が、内閣は、EU加盟交渉即時開始発議には明白に反対している。内閣としては、加盟交渉開始の時期と、スイス国民の前に加盟問題をどのように置くかを決定するフリーハンドを確保したいと思っている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。