Navigation

増える暴力犯罪

過去15年間でスイスの暴力犯罪は倍増したことが、ローザンヌ大学の調査で判明した。被害者の多くは外国人だ。

このコンテンツは 2000/12/14 10:39

過去15年間でスイスの暴力犯罪は倍増したことが、ローザンヌ大学の調査で判明した。被害者の多くは外国人だ。

連邦政府の依頼でローザンヌ大学犯罪・犯罪学研究所が1984年から99年までの犯罪4、234件の被害者を調査した結果、、スイスの犯罪は1984年以来200%増加したことが判明した。特に暴行、強盗など暴力犯罪が、年々急増している。

また、調査の結果、被害者はスイス人よりも外国人が多いことも分かった。強盗被害の3分の2、暴行とレイプの被害者の半分は外国人だった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?