ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

女性器切除に刑罰を

エジプトでの女子割礼禁止に関する説明会 (Reuters)

女性割礼とも呼ばれる女性器切除 ( Female Genital Mutilation、FGM ) を行う習慣はアフリカ諸国にとどまらない。多くの移民を受け入れているスイスでも医師が性器を切除された女児に直面するケースが増えている。

スイスユニセフでもスイスで行われる全ての女性器切除を法律で包括的に罰するように呼びかけており、抑止的な法案が提案されている。

 ユニセフの推計によると世界で1億3000万人の女性が性器切除の被害に会っている。世界では毎年、300万人の4〜12歳の女児が性器を切除されているという。

女性器切除とは?

 女性器切除は古くからある宗教的、儀式的習慣としておもにアフリカ諸国とアラブ諸国、アジアの一部で行われている。一般に女性の性欲をなくし、貞節や処女性を守るために行うといわれている。

 だが、施術時の炎症、大量出血や激痛、エイズ感染のリスクだけではなく、長期的な後遺症も大きい。性交時の苦痛や恐怖の他に妊娠時の合併症、泌尿器生殖器感染症、母子の出産時の死亡率も高い。また、女性が受ける心理的な打撃は計り知れない。

スイスでも存在する

 ユニセフの推計ではスイスだけでも約7000人の性器切除を受けた女性がおり、スイスの法律はこれらの女児を十分に守っていないという。

 「これら性器切除はスイス人の医者によって行われているわけではなく、秘密に行われている」とスイスユニセフの事務局長、エリザベス・ミューラー氏はいう。多くの場合は女児が出身国に帰国した際に行われるか、あるいは施術者がスイスに出向いて行われるという。

 現行のスイス刑法ではWHOで定義されている女性器切除の2つの方式、クリトリス切除と性器縫合が重い傷害罪に該当する。その他の2つの方式はこれに該当しない。このため、性器切除という行為全体 ( スイスに住む子供を外国に連れて行って施術することも含め ) を包括的に禁止する法案が昨年12月の連邦議会に提案された。

 ミューラー氏は女性器切除をはっきりとスイス刑法で禁止することはこれが明確に犯罪行為であるということを示す意味があるという。「女性器切除は健康な体に行う人権侵害です。許されるべきではありません」

 アフリカ諸国の移民が増えている欧州ではこの問題に直面し、既にオーストリア、ベルギー、フランス、イギリス、ノルウェー、スペインとスウェーデンでは法律で禁止されている。

伝統では済まされない

 女性器切除に反対することは外国の文化への侵害だという批判に対してミューラー氏は「全ての文化は人体をどこまで傷つけていいかといったことに独自見解があります。しかし、女性器切除は何世紀にもわたって健康問題を脅かすことになりました。女児の死亡や女性の出産時の死亡につながっているのです」

swissinfo、スーザン・シャンダ、 屋山明乃 ( ややま あけの ) 意訳

キーワード

ユニセフによると最も女性器切除が行われているのは以下の国々:
ギ二アでは女性の99% ( 2002年から禁止されている ) 、エジプトでは97% ( 1996年から禁止 ) 、マリでは92% ( 傷害罪として刑罰 ) 、ソマリアではおよそ90%、スーダンでは90%、エリトリアでは89%、エチオピアでは80% ( 憲法で禁止 ) 。

インフォボックス終わり

<女性器切除について>

アフリカ諸国などを中心に行われている女性器切除 ( FGM ) は世界保健機関 ( WHO ) の定義によると
1)クリトリスの一部または全部を切り取り、包皮を切除する方式。

2)クリトリスを切除し、小陰唇の一部または全部を切除する方式。

3)性器縫合または外性器の一部または全部の切除および膣口の縫合または偏狭にする方式。

4)その他、クリトリスや陰唇を突き刺したり、穴を空けたりするなど女性の生殖器官を傷つける全ての行為。

インフォボックス終わり


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。