ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

展示会 中国現代アート展「チャイニーズ・ウィスパーズ」

ベルン美術館とパウル・クレー・センターで6月19日まで同時開催されている、中国の現代アート展「チャイニーズ・ウィスパーズ」。かつての駐中スイス大使ウーリー・シグ氏が収集した中国の現代美術作品のコレクションの中から、厳選された作品を展示している。中国を熟知するシグ氏のコレクションは、類を見ないものとして世界的に知られている。

過去15年間に創作された作品150点が展示されている「チャイニーズ・ウィスパーズ他のサイトへ」では、中国の現代美術家の艾未未(アイウェイウェイ)や庄辉(Zhuang Hui)がとらえた中国の世界を垣間見ることができる。

中国の美術家たちはどのようにして東洋と西洋、伝統と発展の狭間で自身の立ち位置を形成してきたのか、またどのようにそれらの違いの橋渡しをし、グーローバルな文化体系の中でアイデンティティーを確立してきたのか。こうした美術家の試みが、この展覧会には反映されている。

作品の多くは、中国の都市計画がもたらした影響、資源の消費や政治体制に対する批判などを表現している。またそれらの美術作品は中国の現代史だけでなく、同時に、そこで暮らす人々のものの見方の記録でもある。

シグ氏が体系的に中国の現代美術作品の収集を始めたのは1970年代末。同氏はこの分野における第一人者といわれている。経済ジャーナリストで企業家でもあり、1995~98年の間スイス大使を務めた。

同氏のコレクションには、多様なジャンルに渡る美術家約350人の作品があり、作品数は2200点を超え、この種のコレクションでは世界最大とされている。

展示会「チャイニーズ・ウィスパーズ」は2016年6月19日まで開催される。

(文・Thomas Stephens、swissinfo.ch)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。