ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

栄光と波乱のスター テニス元世界女王ヒンギスが三度目の引退へ

ヒンギス

(Keystone)

女子テニスの元世界ランキング1位のマルチナ・ヒンギス(スイス、37)が26日、シンガポールで開催中のWTAファイナルを最後に現役引退すると発表した。

ヒンギスは自身のフェイスブックで「プロデビューしてからもう23年になる。私の人生にとって最も輝かしい時代だった。個人的にも、プロとしても。けれど、引退する時期が来た。このシンガポールでの試合が私のラストマッチになる」とコメント。「これほど素晴らしいスポーツを長い間続ける機会を得られたのは本当にラッキーだった」と語った。

テニス選手として輝かしい業績を挙げた一方で、波乱もあった。プロ転向から3年後の1997年、ウィンブルドン選手権、全米オープン、全豪オープンを制して女子テニス世界ランキング1位(16歳6カ月)に輝いた。

だが、故障などにより03年に引退。その後、イタリアのスポーツウェアブランド「セルジオ・タッキーニ」の靴が原因で足を痛めたとして、同社を提訴した。

その後現役復帰したが、2007年のウィンブルドン選手権中、薬物検査でコカインの陽性反応が出た。ヒンギスは使用を否定したが、その後再び引退した。

2013年に再び現役復帰し、今度は女子ダブルス、混合ダブルスで再びチャンピオンに返り咲いた。16年リオデジャネイロ五輪の女子ダブルスでは銀メダルを獲得した。

スロバキアで生まれ、8歳でスイスに移住。母親のコーチを受け、ジュニアですぐに頭角を現した。

ヒンギスは故障に見舞われていた2003年、スイスインフォの取材に対し、自分のキャリアに「ハイライト」になる部分がなかったと話している。ヒンギスは「すごく良かったとか悪かったという思い出がない。初めてのトーナメント、そしてグランドスラム(4大大会)、勝ち負け、これらの全てから多くのことを学んだ」と明かした。

ヒンギスは「トップレベルにいると、成功と敗北の間の境目がはっきりしている。けれど、それによって生死が決まるわけではないし、他のチャンスを探せばいい」と語った。

ヒンギスは2013年、国際テニス殿堂入りを果たしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×