リサイクルでトップクラスのスイス、でもゴミの排出量も

スイスではお馴染みの光景。ゴミ箱の色を変えて消費者に分別を促す Keystone

スイスの消費者が出すゴミの量は増加傾向にあるが、リサイクルの成績も欧州では依然としてトップだ。欧州連合統計局(ユーロスタット)が明らかにした。

swissinfo.ch/ug

スイスでは2017年に国民1人当たり平均706キロのゴミを捨て、デンマークとノルウェーに続き欧州で3番目に廃棄物が多かった。スイス通信(Keystone-SDA)によると、このスイスの値は連邦環境省環境局のデータと一致しているという。

しかし同時に、スイスはリサイクルのチャンピオンでもある。

2017年にスイスでリサイクルされたのは1人当たり217キロと、ノルウェー(216キロ)とデンマーク(213キロ)を抜いて1位に輝いた。

欧州連合(EU)における廃棄物発生量は平均487キロ、リサイクル率は平均81キロだった。

コンポスト化に関してもスイスは優秀で、隣国のオーストリアに次いで2位。3位はデンマークだった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する