CERN、LINAC4設置でアップグレード

スイス・ジュネーブ州北部にある素粒子物理学の研究を行う欧州原子核研究機構(CERN)では9日、新たな高エネルギーでの粒子ビーム研究のため、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)に用いる入射器である線形加速器Linac4が設置された。高輝度をアップグレードすることによって、さらなる素粒子の探索が進められることになる。 Maximilien Brice/ CERN
このコンテンツは 2017/05/09 17:30



この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する