欧州自由貿易連合、東欧3ヶ国と自由貿易協定批准

19日チューリッヒで開かれた欧州自由貿易連合(EFTA)閣僚会議で、ウクライナ、クロアチア、マケドニアとの通商協定が批准された。(写真:EFTA加盟国と東欧3国の経済閣僚)

このコンテンツは 2000/06/21 16:11

19日チューリッヒで開かれた欧州自由貿易連合(EFTA)閣僚会議で、ウクライナ、クロアチア、マケドニアとの通商協定が批准された。(写真:EFTA加盟国と東欧3国の経済閣僚)

EFTA構成国のスイス、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインの閣僚は、19日マケドニア、クロアチア、ウクライナとの自由貿易合意協定に調印した。

EFTAは、EU非加盟国との関係強化を目指しており、現在10ヶ国と相互貿易の促進と強化を目的とした話し合いが進行している。情報筋によると、カナダとの交渉の合意は近く、実現すれば、大西洋の反対側の国との最初の協定となる。他にメキシコ、南アフリカ、中東諸国などと、交渉を行っている。

EFTAは、加盟国が次々EUへと乗り換えて行き、急速に経済的な影響力を失っているが、その貿易総額は世界貿易総額の2%にあたり、化学・医薬品、金融、造船、水産業の分野では重要な役割を果たしている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する