Navigation

欧州農業最高権威フィッシャー氏スイス訪問

WTO 農業交渉再開を前に、フランツ・フィッシャー欧州農業委員がスイスを訪問、パスカル・クシュパン・スイス経済相、ムーアWTO 総裁と会談した。

このコンテンツは 2000/03/15 14:45

WTO 農業交渉再開を前に、フランツ・フィッシャー欧州農業委員がスイスを訪問、パスカル・クシュパン・スイス経済相、ムーアWTO 総裁と会談した。

WTO農業交渉は、ウルグアイ・ラウンドで合意された予定通り、来週再開される。 昨年のシアトルでの閣僚会議は、加盟国間の意見の分裂を露呈した。

月曜夕方、フィッシャー氏はクシュパン経済相と会談、農業政策全般と将来の農業改革計画について話し合った。両者はスイスとEUは、いくつかの農業問題で共通の展望を持っていると確認した。またフィッシャー氏は、クシュパン経済相との会談に先立ち、ジュネーブのWTO本部でムーア総裁と会談した。

WTO農業交渉は2003年まで続けられる。フィッシャー欧州農業委員は、交渉の最初の年は、助成金と市場アクセス関連の提案の具体化に専念するべきだとしている

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。