ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

欧州5ヶ国で子供のアレルギー症比較調査

バーゼル郊外のシュタイナー・スクール

(Keystone)

アレルギーの人とそうでない人はどこが違うのだろうか。スイス、スウェーデン、ドイツ、オーストリア、オランダが子供のアレルギーについて共同研究をしている。先進国では子供3人に1人は過敏症だという。

5ヶ国の研究チームは、合計9、000人の子供を対象に調査を行った結果、農家の子供達、そしてルドルフ・シュタイナー・スクールの児唐ノは、アレルギーが少ないことがわかった。バーゼル大学社会予防医学研究所のリサーチ・スチューデント、マルコ・ワッサーさんは「同rn域内でも農家の子供達にはアレルギーが少ない。理由の1つに、家畜との接触が考えられる。動物達と接触することで、免疫ができるのではないか。また兄や姉がいる子供達にアレルギーが少ない理由は、酔繩ヤもない頃からの彼等との接触によって免疫ができるからではないかと思われる。」と言う。

上記5ヶ国は、公立校の児刀Aルドルフ・シュタイナー・スクールの児刀A農家の子供達の3つのグループのそれぞれ600人を対象に血液検査、ホコリ測定、食事法などを調査した。スイスでは、バーゼル、エメンタール、エントレブッハ郊外の農村地域の子供達を対象とした。ルドルフ・シュタイナー・スクールは、教育から栄養管理まで精神主義を重んb體ニ自の哲学に基づくライフスタイルを取り入れている。「シュタイナー・スクールの子供達は予防接種を受けない。予防接種を受けないと、風疹などの伝染病のリスクが大きくなる。スウェーデンでは、シュタイナー・スクールの子供達の風疹罹病率が高く、他の感染症に関してもおそらく同様だと思われる。」とワッサーさん。

5ヶ国の研究チームは、収集したデータ分析に4年はかかると見ている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×